女子の気になる、やってみたい!をやってみた

自分磨きで自信を持つ! 自己満足NGの本気セルフプロデュース

とにかく自分を変えたい人、自信がなくて辛い人、女子力上げたい人が自分の力でなりたい自分を目指す自己投資応援ブログ。

【合コン初心者向け】合コンの基本を知って、自分にとって有利な合コンは何かを知る。

 

合コンに行っているのに何故かいつまで経っても恋人ができない。。

 

f:id:uozowi:20190122231335j:plain

誘われた合コンには必ず参加しているのに、中々実績が出ない。

 

↑こんな人、いませんか??

 

合コンで恋人ができないのは、あなた自身に原因があるのかもしれませんが、あなたが良いと思う相手が見つからないからかもしれません。参加した合コンが飲み会目的の合コンだったかもしれません。

 

恋人ができない理由には、

 

・自分が誰かに好かれることがない

・好きと思える相手が見つからない

・好きな人が好きになってくれない

など、ありますが、良いと思える相手に中々出会わないといった理由も少なくないと思います。

 

今回は、どのような合コンに行けば、自分の理想の相手が見つかりやすいのか、合コンの基本を一から理解して、自分に合う合コンで勝ち組になろう!という記事を書いていきます。

 

 

合コンのメリット・デメリット

 

メリット

 

・知り合いの人脈の場合が多いから、安心感がある

・友達の友達だったりするので、似たような性格の人が集まりやすい

・少人数でも開催できるから、コンパクトでスムーズ

・自分主催なら、自分の都合に合わせて、合コンを組める

・もしかしたら、会費はおごりの可能性がある

 

  

デメリット

 

・合コンはテーマがないからぐだる(街コンのように〇〇好き街コンとか年上街コンとかあると目的がはっきりしているのでぐだらない)

・公式感がないので、自己都合で欠員が出たりする(街コンなら人数合わなければ開催中止になることがあります。)

・ただの飲み会になる

・人数合わせの為に彼女持ちが平気でいる

 

→気軽にやれる面、街コンよりも真剣さが低い。出会えたらいいな〜くらいのノリ!

街コンは結構ガチな人が多いですね。

 

 

合コンの概要・詳細を掴め

 

合コンって、誘われたら何でも行けば良いってもんじゃないんです。

合コンの概要・詳細を把握した上で、自分が行ったら、良さそうな出会いがありそうかどうか、きちんと考えて参加するか決めるべきです。

 

 

1.人数確認

 

その合コンが何人対何人で開催されるのか確認する。

 

大人数の場合

大体4対4以上くらい。

男の子はバリエーション豊富で選べますが、初心者にはきついパターンですね。

結局どんなに男の子を選べても、自分が選ばれる側にならないと意味ないので、その大人数の中から注目を浴びられるようにするには少々難易度高め。

 

少人数の場合

2対2とか3対3くらいですかね。

この辺りは全員と密に会話はできますが、選択肢がかなり狭くなります。

ですが、お話するのが苦手な人にとっては、ありがたい場です。相手が自分のことを気になっていようが、気になってなかろうが、しっかりと話し相手になってくれるからです。なので、最初の印象から、その密な会話によって、自分をよく知ってもらい、自分の印象を変えられるかもしれないという、挽回やアピールが効く場でもあります。

逆にあなたが相手のことを無しだと思っていても、ずっとその人の相手をしなくてはいけません。そういったメリットデメリットがあるのが少人数合コン。

初心者にはやりやすいかもしれません。

 

2.参加者関係性(参加メンバー)の確認

 

女子、男子の両方のメンバー確認をして下さい。

 

今回の合コンのメンバーはどんなメンバーなのか。

 

パターン1

 

女の子→全員自分の友達、参加者同士も知り合い(自分が幹事)

男の子→1人は友達で、幹事

    その他は幹事の友達で初対面

 

1番定番的で、楽なパターン。

男がつまらなくても、女が全員友達なので飲み会自体は最悪、男無視して女子会しちゃえばハズレがない笑

ちなみにこの場合、男の幹事が友達なので、自分が選べる人は一人消えます。

自分が幹事なのと、男の幹事も友達なので、気軽にやり取りができ、スムーズに開催できることが多い。店の要望や男の子の希望ピックアップなども男友達の幹事に伝えることができます。

私はめっちゃ要望言ってました。笑

ハイスペック男子とか、住んでる地域はこの辺でまとめてとか、○○会社の同期連れて来てとか。。

ただし自分が幹事なので、女友達を集めるのが少し大変

 

◎ポイント

女友達が沢山いるのと、幹事も男友達ということで、安心感や親しみを持てる合コンになるので、比較的楽しいことが多いです。相手に自然体な自分を出すには良い場だと思います。逆に友達の目の前なので猫かぶりにくいです。

友達が自分のことを紹介してくれたり、自分が友達のことを紹介したりして、短い時間でも、自分や女友達のことを、男の子側に知ってもらいやすいです。

また、男の子側ですが、男友達の幹事が全員知っている参加者、その参加者たちも全員友達同士だと尚良し。

単純に仲良しの女友達グループと、仲良しの男友達グループで、飲み会ってことですから、その飲み会自体が楽しくなる確立って、かなり高いと思います。

 

その中で良い人がいても、幹事の友達なので、次に繋がりやすい確立も高いですし、その気になる幹事の友達のことを密かに聞き出せるという情報のメリットがあります。

 

 

パターン2

 

女の子→幹事以外は初対面、

    幹事は友達

男の子→全員初対面

    友達は幹事と知り合い

 

これは1番楽なパターン。

自分は誘われた側で、参加するだけ!

女友達も一人いるし、参加しやすい。これも自分が幹事ではないバージョンでよくある定番パターン。

女友達も一人いるし、男の子は全員初対面で、バリエーションが減らない!

 

◎ポイント

男の幹事と男友達がかぶることがないので、色んな男の子とお話できます。一人ひとりと話せるよう心がけましょう。

気まずくなっても一人は女友達がいるので、そこを頼りつつ、男の子との会話に集中しましょう。

まぁ、無難に楽しくはできるくらいのパターンです。

 

パターン3

 

女の子→初対面(その他の参加者は知り合い)

男の子→初対面 

 

穴埋めパターンですね。友達が行けなくなったので、その穴埋めに行っちゃうパターン。かなりアウェイになる可能性はあるけれど、合コンて、男の子との出会いだから関係ない笑

だからこそ、その男の子メンバーがつまらない人達だったら、自分にとっては最悪ですが。

その場の女の子と男の子も初対面なので、自分だけ孤立ってことにはならない。

なんなら、女の子達が女友達同士だった場合、そこで話が盛り上がる可能性もあるけれど、そしたら、男の子と話せば問題ない。あなたがきちんとした女の子なら、快く受け入れてくれるでしょう。ある意味ハーレム!

 

◎ポイント

逆境を逆手に取ります。どうしても女友達いると、甘えが出て、そっちのほうと話してしまいます。ですが、せっかく合コン来たのなら、どうせ女友達いない状況なので、勇気を出して、男の子達とたくさん話して下さい!

 

自分が知り合いが少ない合コンの場合は、男側にも同じ立場の人がいないか探してみてください。あっちも同じ気持ちで少し不安だったり、緊張していたりします。

そんな時、同じ立場の人がいたら、喋りやすいですよね。

「僕も誰も知らないけど、来ちゃいました~」て会話から始まります!

 

パターン1は飲み会自体は大成功する可能性が高いけれども、猫かぶれない、抜け駆けしにくい、良い飲み会だった!で終わる可能性も高いです。THE友達みたいな。

なので、気になる人がいた場合は、しっかり自分からアプローチするべきです。

楽しかった!で終わらせないこと!!

 

パターン3は全然楽しくない飲み会になるかもしれませんが、そこに一人でも気になる人がいれば、ぐっと距離を縮められるかもしれません。誰も友達じゃないので、ある程度、自分を良く見せることもできるし、自分だけ抜け駆け的なこともできます。周りの目を気にせず、ちょっと大胆に行動できるところがGOOD。

 

パターン2は上記パターン1と2の中間的な位置ですね。

 

参加者の年齢で見てみる

 

タメ

やっぱりタメだと話が合う率高め。

入りは入りやすいですね、同世代ということで。友達になる可能性も高いですが。

 

年下

 女の子が年上で、男の子が年下の合コンってあまりないですが、よほど相性が合わない限りは、相手にしない、相手にされませんね。

歳がそんなに離れていない場合は別ですが。

特に男の子が学生、女の子が社会人とかだともう話にならない、みたいになってしまうこともあります。元々仲の良い友達とかなら話は別ですが、合コンで初対面であれば、カップルになる確率は低そう。

 

年上

ジェネレーションギャップが怖いですね。

年齢によっては、結婚ガチ感が違ってきます。

学生×社会人で、年齢も違えば、結婚を前提に恋人探しの人もいれば、結婚なんかまだまだっていう学生の遊びたい願望強めの人もいます。

そこの条件や恋人に対しての考え方が違うと全く意味のない合コンになってしまいます。

相手がの合コンに何を求めるのか、お互い一致していないと、真剣な恋人探しには不向きです。

 

どんな合コンが自分にとって自然体かつ有利でいられるのか。

自分が大人数が苦手なのか得意なのか、初対面が得意なのか苦手なのか、年上が得意なのか苦手なのか、それぞれに得意不得意があると思います。

その中で、やっぱり自分が一番素を出しやすい合コンがベストな気がします。

 

結局、共通点や共感できるところが多いと次に繋がりやすいし、相手に特別感を持ってもらえ、印象に残してもらえます。

また、合コンを開催する時は、一つのテーマを決めて、(年上好き、エリート好き、地元住みとか)合コンのメンバーを決めたら、より楽しいものになるのかなと思います。

せっかく集まるのだから、一期一会を大切にして、良い出会いを作りたいものですよね。生産性を考えて、効率の良い合コンをするべきですね。

 

合コンの為のモテる服装についての記事も公開しています。是非合わせて読んでみてください^^

www.un-selfproduce.com